2019年06月08日

工具どこやったっけ…

蓮子要修理









こんにちはー



暑いけど風はかなり吹いてるここ直方

ひとまず広島戦でも見つつ呑み始めましたが



うーん…


ちょっと保存しますわ




はい復活1612
やっとイベント最終ステージですわ(艦これ)
もうE-1以外、丙でやってますわ(^^;


画像編集するのでまた保存しますー



はいまた復活1629

さて、今日の日記書き始めますー(実はもうチューハイ500ml*3呑みました)




朝はですね、夜中少しイベントしながら寝落ちし

でも5時には起きてっと、ダラダラ




ダラダラ






んでまー10時前までダラダラしつつ支度


トコトコと、バッグとRetina119を持って祖母宅へ
先日も話しましたが、祖母が伽羅蕗炊くために膝と股関節に不可をかけたため未だ負傷中です

ちなみにですが、なので母がここ数週間祖母宅(ちうか母の実家)にaltですんで、家事は親父メインで
姉貴とうちがちょこちょこやってますー


さて祖母と世間話しつつ、あともう数日で立てるやうになるなーち思いつつ




さてうちは、蓮子を走らせるために支度

んでしゅっぱーつ





…ひとまずHKT

あ、そうやん昨日も書いたけんどG20やったっけ




なので、いったん宮田のガソリンスタンドで給油して


故郷若宮から宗像へ行ってと、まーいつものルートですよ



vlcsnap-2019-06-08-16h03m41s260.jpg


松原を通りつつ
LaSen「あら?風強いっちゃけんどいっちょん波立っちょらんやん」
(約:あれ?風強いけど全然波立ってないね)

と思いつつ、いつもの波津ルートですが


vlcsnap-2019-06-08-16h03m58s409.jpg


こっち大荒れでした(棒)

ええ…波しぶきで岡垣に入った途端



ふっと見たら潮で霞が見えるんですよ、うわー嫌だなー錆びるなーと(某怪談風)







で、いつもの漁港横で休憩しましたが10分で即退散

そいで13時くらいに帰還



んでそっから2時間弱、蓮子の修理をやってました

ちいうのもですね…たまに夜間のテールライトが点かなかったんですよね


なのでふとテールライトテキトーにバラしたら、まー…GND配線が断線してましたわ

なので断線を修理しようとしてたんですが、工具が無いと
いや無いわけではなく、すべてあるんですが引っ越しで散逸してる状態

なのでどうしようもなかったですねー(ゴクゴク)




で、諦めて帰宅しましたちいうのが冒頭ですね…また保存しますわ


さてっと、お風呂入る前に書き終わりますねー
今んとこホークス勝っちょうですしね




帰宅したらお届け物が


箱を見たらレンズと…あー


血いう子って開けて見たら

DSC01933.JPG

っ…シュミカセ!?(めんどいので後述)


ではなく、本当にレンズですの
"TAMRON SP 55BB"です

そういや20年以上越しですが、軽い超望遠欲しいなーと思ってたものを購入できましたです





あ、お風呂はいってきますー

はいさっぱりしました(大根妖精略…これも時代よね)
ホークスも勝ちましたね!祝い酒ですね!(来週木曜健康診断感)







さって… 呑  ん  で  寝  て  ま  し  た
復帰…居間がうちの部屋よか涼しい(棒)




さてさて
先ほどご紹介しました、TAMRON 55BBですね
所謂レフレックスレンズです、超極端に言いますと反射望遠鏡を小型にしたレンズです





とはいえ、反射望遠鏡も多種多様でしてよ?(天体観測大好き)


んーまー、カメラ用レフレックスはシュミットカセグレン式そのものです


DSC02152.JPG


アダプトール2なので、NikonでもCanonでも憑けられます


本当α7IIはCanon FL/FDが似合いますねー




で、ちょこっと試写

お隣の荒地に咲いてる花でも撮ってみました



んでちなみに、レフレックスレンズの特徴ですが

DSC01935.JPG

わざとボカして撮影




オーブがわんさか(若い人はわからんかも)


レフレックス特有のリングボケです、はい



んでまーそげなとこですが
うちの会社の先輩もですが、ネットでよく「ピントがわかりにくい」とちらほらあるんですが


確かにα7IIに取り付けてますが、焦点合致を表示するピーク機能が働かないですね(・ω・これがその理由かもです






ちいうわけで

さ、また寝よっと
posted by ラセン at 15:36| 福岡 ☁| Comment(0) | なんかの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: