2019年06月25日

これが今月最後の夕陽かー(多分)

とりあえずお届け物確認







こんばんはー


綺麗な夕陽から黄昏時に入ったここ直方






んー…どっからでしょ、ネコちゃんの鳴き声が(・ω・`心配な時の鳴き声です



ちょっと保存します







はい復活ですの、1950


お隣のお宅からネコちゃんがいますねー(・ω・





さてと、また続き書きます…あ、こっから色薄くしますが永いです


ので、これ以降は後で薄色で後の行に貼っておきます…








と、ここまでが一応怖い話ちいうこって






















さてさてさてと


艦これもメンテ中ですし今日もテキトーに書きますかね







永いですね(正直めんどくさかったです)



あっ、でお届け物ですが



DSC01996.JPG



レ ン ズ で す (ゴクゴク)

まーこちら


DSC01997.JPG


"Canon Serenar 35mm F3.2"になります
今まで赤旗のレンズで広角をカバーしてましたが、一念発起して手に入れましたのよ!
言わずもがな、Serenarのコーティングは綺麗ですねb




でもですねここで忠告しときますと





えーと…"Canon Camera Museum"に書いてあります、フヰルター径

ねじ込み式は34mmでは無いです、本当に…まさかメーカー公式に翻弄されるとは…

と今もなってます…後日測りますわ




でまー、ゴソゴソと

Canon IVSbを引っ張り出し、一式を取り付けてみました


DSC01999.JPG


うん、やはりCanonに純正レンズとファインダーですし、当時はこげなんやったっちゃねーと思いつつ


DSC02000.JPG


まーうちはこれで撮るでせうね、やはりユニバーサルファインダーは便利ですよーb






ちいうとが今日



で、マンガ紹介が何冊かありますが
こちらは延期しまして





一冊の本をご紹介しますね…んーやっとこさ購入した本がありまして






DSC02001.JPG



タルボット著「自然の鉛筆」です

ネットでは拝見できる箇所は多いですが、やはり肉眼で見たかったので購入しましたb





Dé.

詠みつつ、なんかテレビも見てますー









































はい、これ以降です




こっからは昨日の不可解な部分になります…で
何で保存しようと思ったらエラー起こすんですかね…とりあえず保存に専念します


























昨日酔いつつ書いた日記の後半ですがね?

記憶を振り返ってみましたがほんとです(いまだ首痛いです)
あー…また今日も怖いち言いますか、気持ち悪い話がハンバーガーのパティ部分くらいになるやん(後)


うちLaSen(ラセン)、怖い話ほんっっっっっと好かんとよ?


ちうか、何回こげな感じのことで高熱と死ぬ目に遭わされたことか…まー省略します












とはいえ…江戸時代から、けっこーLaSen家はこげな案件で死んだ人が多いみたいなので
ここ最近でうちが何らかで死んだらですが、多分これ関係です(そこそこ真面目です)






んー…これも本当にあった事でうちも気持ち悪いんですが、関係ありそうなので書き残しておきます
確か以前の日記にも敢えて書いてないと思いますが…去年ですかね


親父が「おい、これ見とけ」と、こっちの住所知らんはずなんに親戚から便箋が届きまして
何これと思いつつ読んだらですよ、本当に要約しますと









親戚「あんたら写ってる写真見つけたら涙出てきました。」

親戚「心傷ついたんでウン拾萬貸してください。」

親戚「出て行くまでに散々言いましたが、実家ですし売られるの嫌でしょ?」

親戚「拒絶するなら捨ててください、でもこの件で色んな方法を学び賢くましたし何らかの措置を講じるかもしれません











げな事が書いてあったんですよね

まーうちからしたら「えぇ…? なんなこん人?実は変な宗教入っちょった??」

と思いつつ、結局母はこの親戚の圧力で家を出たのもあり…あ、もう言わずもがなな処置をし




その後一切手紙ありません
あとその直後に今年最初の2stミーティングで真横通りつつ、「」と息止めて通り過ぎましたが

あの時「おいおいおいおいおい会長なしここ通るとな!?うち見つかうたらどげなるかわkrn…え?なん松乃井何も無いやん!?」がいまだに覚えてるとこですかね






ちいうとこで、現在に戻ります

まー確か、まだ親父がこの便箋は持ってると思いますが…さすがに今読み直す気はせんですね








音信不通の親戚になんかあったのかもですが
…こっちは向こう(親族側)から縁切るち言われましたし






どげしようもないき、とばっちり食らったくらいに考えてますわ
どっかでお祓いち言いますか、真剣に除霊やった方がいいかもですね



posted by ラセン at 19:34| 福岡 ☀| Comment(0) | なんかの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: