2011年10月28日

室温14℃

どうりで食べ物が保ってるわけだ








こんばんはー


いい加減寒いんで(^^;

寒がりなうちには毛布サンドイッチに羽毛布団だけではキツい世の中になって参りましたねー


あー・・・唐辛子食べたい






さ、今日はちゃんと書いていきましょ


昨夜ですよ



そういえばぺるけ氏のヘッドホンアンプを製作しましたが

差動回路のFETの選別ですね


今はテキトーに差してて何も問題ないんですが



友人が作る限りではちゃんと選別しておいた方がいいよねと(・ω・

ということでジグを作ることにしまして


先輩方がネットにアップされている回路を有り合わせでササッと組む事にしました



とりあえず基板ですね

多くの方はジグをケースに入れますが



ケース加工が面倒いので(笑)



TS3S0651.JPG


印をつけまして


TS3S0652.JPG


穴空けちゃいます

そうするとー


TS3S0653.JPG


こうやってスイッチとか憑けちゃいますb

基板が紙フェノールなのでカンタンに加工出来るとこが便利ですたい(´∀`




んであとは基盤上にパーツを配線



してタラですよ


いつもの耐熱線をカットしてスイッチに配線する所だったんですが

短い線の余りを引き出しから出して


カッターで出してたら






と思ったら

なんか急に視界がスローモーションになり


空中になんか白い塊が待ったなーと思ったら

急に血が




人差し指の皮膚が一部無くなってました(汗)


あ、いや指切断じゃないんですよ?

でも完全に真皮のとこまで切り取ったみたいでして・・・



まー






血をみて失神






なので1時~2時の間の記憶がまったく無いんですね(^^;


その後いくら止血しても止まらないんで

絆創膏2枚貼って





よし、やるか


と、作業再開(笑)


あ、一旦保存しますー



まー血を見てあまりに吐きそうでしたし



「これで出血多量で死んだらどうしよ?(・ω・`」



と本気で思ってたんで(笑)

気を紛らわす為に、左手を心臓より高くしつつ作業を続行



まーうまく左手が動かないので4時まで作業が長引きましたが


TS3S0654.JPG


なんとか完成b

ちなみに操作ですが


右のトグルSWはテスターでの測定箇所の変更
IdssとVgsの測定ですねー

んで下のスライドスイッチはVgs=0(V)と電流可変の切り替えスイッチですー


テスターは上部の端子に差すことで機能します(^^

FETは真ん中のソケットですねb



チョロっと測ってみましたが、これ便利ですねw

早く作っておけば良かったですよ、ハイ



さて4時もまわってましたし、とりあえず居間で寝るとこにしまして

腕をテーブルに置いて





「血が止まらないので、腕が落ちてたらテーブルに上げてください」



というね

今思うと謎の書き置きを残して寝ました





まー誰も寝返りで腕がテーブルから落ちても無視だったようですが(笑)


さてうっかり9時まで寝てしまい



朝食を久しぶりに右手のお箸で食べ

失神の影響?ですかね
まだ気持ち悪いまま支度をして大学へ



んで今日やったこと

実験しようと思いましたが、左手人差し指が使えないのでどうしようもなく



結局は友人が作る用にFETの選別やってました(^^;

とりあえず予備にうちのストックも持ってきたんですが




友人の運がいいのか

はたまたウェハが一緒だったのか



9個の中から誤差1%クラスが2ペアできました(汗)

ということでほとんどの不安な因子は消えたんで、いつ作らせますかねェ



んでそんなしてたら5限のアシスタントも終わり

2度目の業務報告書も学生課に提出して帰宅


とと

その前にフラッとヨドバシへ


久しぶりにイヤホンを見てきました(・ω・

今はVictorのHB-75ていう、インナーイヤーの耳掛けですが


考えてみれば中学時代にナウかった(笑)MDプレーヤーの頃からですから・・・

パイオニアを2代連続で買って


今ので3代連続なんですよ、耳掛け
耳から取れないか気にしないでいいですからねー



まーカナルが使いたくないわけで(´∀`

耳掛けとなると毎回スポーツ用とかのを買うんですが



まーちっさいイヤホンは"音が鳴ればいい"程度にしか見てませんからねー

お金をかけるものの線引きは重要ですらねb


破滅しないように(笑)


んでカナルでしたがノイズキャンセリングを初めて聴いてきたんですが

けっこー回りの音消えるんですね(^^;


先生が韓国行くときに使ってた意味が判りました(汗)





ま、高いので買いませんw



そんで結局いつもの"インイヤ耳掛け"を探し

なんか安いのをパッと見つけ購入してみました



鳴ればいーんです


さてそのイヤホンですが


TS3S0655.JPG


KOSSです

KSC12て商品です(・ω・


ちなみに1300円くらいで、今までのイヤホンで一番安いですw




パッケージ裏の詳細を見てみますと


再生周波数:60Hz-18kHz

インピーダンス:32Ω

音圧レベル:103dB


だそうです

KOSSのカタログ見てよく思うんですが
KOSS製イヤホンの再生周波数てやたら他社より狭いんですよねー


基本的に再生周波数はカットオフに合わせて-3dBとなる周波数が書いてあるんですが

そうだとすると60Hz-18kHzて可聴周波数をカバーできてないことになるんです(・ω・
たまに-0.5dBとか-1dBとかで書かれてる商品もあるんですが・・・どうなんでしょ?




TS3S0656.JPG



そんなこと言ってますが、人間の耳っていい加減なものでして

聴いてみるとほとんど「周波数狭っ」て判らないわけで(^^;



さてとりあえず聴いた感想ですね

低音が強めに出る傾向はKOSSらしいです


けど・・・個人的にはかなりこもったカンジに聴こえます

低域と中域が多いせいなんでしょうか?



ボーカルが曇って聴こえるのは仕方ないんでしょうねー



ただiTunesで聴いてますが、イコライザで"Electronics"や"Treble Booster"などの設定

まず高域を持ち上げると状況は変わりますね


かなり聴きやすくなりまして(・ω・この設定ならしっかり使えそうですー



はい、今日はもう長いので以上にしますー




あ、書き忘れてましたが

KSC12はドライバー部分がアメリカ人向けなのでデカイです(´∀`;そこが難点かも




さて明日ですが

とりあえず大学行こうかと思いますー



さ、寝るか
posted by ラセン at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ぺるけ氏式アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

クリーンルームで何もないのにこけるやん

危うく降圧トランスに撲殺されかけたわ







こんばんはー


やっぱ県内といえども天候はバラバラですね(^^;先日も言いましたが

さ、とりあえず書き始めますかー




久々のBGMは懐かしい言う時代になってしまいました(・ω・;

trfの"ISLAND ON YOUR MIND"ですー

18年前か・・・うち4歳でしたがけっこー記憶にあります(汗)




とりあえず今日は糸島へ直行

とはいえいろいろあって着いたのは正午


ダイソーで買うもの迷ってたら1時間過ぎまして(笑)




さてクリーンルームでサンプルを3つ作るのに17時までかかり


そのままトリアスまで戻っちゃってブックオフ立ち読みして帰宅



まー今日はそんな一日





さて

昨日書けなかったやつ書きますねー
あ、ここからBGMは

globeの"Many Classic Moments"でお送りします(^^
これまたなつかしいんですが(笑)




さてさて前回までのお話

友人が「ヘッドホンアンプ作りたい」




ということで「実は前から・・・アナタのこと気になってたの」




気になってたぺるけ氏設計の"FET式差動ヘッドホンアンプ"を作らせる作ろうってことになったわけですが

基板のレイアウト考えてたいがい組み終えて



土曜日にケースやら残りの足りないパーツを買ってきまして

その夜


TS3S0630.JPG


早速完成まで組み始めました

ちなみに今回のケースはタカチUC17-5-12DDです


UCシリーズは5532で使ったケースと同じやつですね

なんとなくこれカッコイイので(´∀`*


とりあえず実装した基板の高さはスペーさー加えて問題無し


次は

TS3S0631.JPGTS3S0632.JPG


前部分のレイアウト

前はトグルSW、LED、 OUTPUTジャック、ロータリーSW、ボリュームです
今回は入力を3つにきっちり分けますb

なのでロータリーを使用(^^


んで裏面ですね

TS3S0633.JPG
TS3S0634.JPG

入力はミニステレオ、標準、RCAの3入力です

ここまでで2時を過ぎてまして(^^;ハンドドリルの音にも気をつけてゆっくり穴空けてたんです


んで基板用の穴も空けたらですね



TS3S0636.JPG


残りの電源部の回路も組んで配線に入ります

というか佳境ですね


昨日のダイハード3でいうなら船に侵入したくらい(?)でしょうか




さて今回は友人が組む事を考えて、けっこーテキトーな永さで配線してみます(・ω・


TS3S0637.JPG


というかロータリーSWのおかげで自然にゴチャりましたがw

とりあえず配線が終ったら


TS3S0638.JPG


トランジスタを付けてと

あ、今回はですね

出力段の2SA1358,2SC3421ペアは買ったもの測定無しでそのまんま

けっこー重要な2SK170も測定機器作ってなかったんで、ストックからテキトーに差してます



定電流回路とバッファ初段の2SA1015Y(GR),2SC1815Y(GR)は前にhfe測定してたものを再び測定して選別

とりあえず誤差10%未満程度にしてますー


そしてフタを閉めたら


TS3S0640.JPGTS3S0642.JPG


完成です(^^*

TS3S0641.JPG

ボリュームノブもマルツまで買いにいったかいがありましたb
様にはなってると思います

TS3S0643.JPG

あと異常に青色LEDが眩しいです(笑)

ストックからテキトーに取ったんで、多分高輝度です、イヤ絶対(´∀`;




ちなみに5532ヘッドホンアンプと比較しますと


TS3S0644.JPG


こんなサイz

そういやこれも高輝度白色LEDやった
まぶしい(汗)


さて

ここで一つ問題発生


ケースを触るとケッコーな怨霊でノイズが鳴ります

フタとか回りの部分です


どうもケースにアースがうまく落ちてないようです(・ω・



とりあえず圧着端子を追加して

TS3S0647.JPG

前回同様スペーサー(中は真鍮)を介してアースを打ってみます



でもダメ
テスターも試しましたが、落ちてませんねェ


うーん・・・どうもこのUCシリーズは塗装がけっこーしっかりしてるみたいでうまく落ちないみたいです




ということで一番落ちそうなとこを作ります


とりあえずフタのネジ部分をヤスリとドライバーで削り取りまして・・・と

上下のフタをつなげる金属版のとこもヤスリがけ




TS3S0648.JPG


そしてその金属板に余った穴があるので、アースを移します



あっさりノイズは消え去りました(^^

・・・このネジ穴ってそのためにあったんかな(汗)




これでとりあえず完了としました


TS3S0650.JPG

ちなみにもしかしたらと思って5532の方もアースをこちらに変えました

あ、コンデンサもまた変えたので、後日載せますー





TS3S0645.JPG

さて試聴した感想ですが


ネット上に一杯作られてる方々がいらっしゃるので、そちらの方が参考になるでしょうが(^^;

なので2~3言くらいで・・・




とりあえず以前製作した5532版とフルトランスレス真空管のものと比較したうえで申し上げますと

高域から低域まで非常に聴きやすいです



特に言うなら低音ですが

しっかり鳴りますが、2台よりもかなり落ち着いた鳴り方です
非常に聴いてて気持ちがイイですb




はい

色んな方のサイトを見てください(笑)


今日は以上にしますー


レイアウトも少し変えましたし、あとは友人に教えながら組ませていきますかね(^^*

あーホントちゃんと電子回路やりなおしますかね・・・



さて明日ですが

糸島でまた実験やるか、大学でもう一個をやるか考えてます(・ω・時間がかかるんでー



さ、お茶でも飲むか
posted by ラセン at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ぺるけ氏式アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

やっぱ筑豊なんやね

犬鳴越えれば雨が降らない






こんばんはー


今日一日雨が降ってますた

とりあず部屋の湿度がヤバい事になってます(^^;ギターにマズい



さ、とりあえず書いていきましょうかね




昨夜

TS3S0626.JPG

ここまで組んだんですが、気づけば3時過ぎてまして




んで起きたら11時でした(´∀`とりあえず休みでよかた

起きて早々にごはん




その後親父を福丸のバスセンターに送り
なんか会社の方で何か催しに呼ばれたらしいので

そのまま流れで篠栗に直行


昨日買い忘れてたパーツと



ヘッドホンアンプのケースも購入

もう明日までには作ろうと思いまして(・ω・




そんでそのまま地下鉄でマルパへ

あ、マルツパーツです(笑)
ちょっと遠いんですが、こちらの方がツマミやら安いので助かるんですよねェ


後はと・・・そうそう



紀伊国屋で


TS3S0627.JPG


八雲の6巻出てましたb
あすかコミックスはこれだけは詠んでますw



さて帰宅


お夕飯

そんでパーツ出してさてやるかってときに親父から電話(^^;



赤間駅まで迎えに行って




配線時間かかるしとりあえず日記書くか!


と思ったら


TS3S0628.JPG


ついうっかり配線に夢中になって2時間経ちました(笑)



いやー・・・最終的にはごっちゃごちゃです(汗)


TS3S0629.JPG

完全に電源とアンプ部分の向き間違えました(・ω・;


とりあえずビニル線の配線を少なくするように大概を基板でやりました







そういえばこのアンプですが

ぺるけ氏設計のFET差動ヘッドホンアンプです


よく氏のサイトを見るんですが、内容が多くて勉強になります

うちもあんなにできたらなぁと(^^;やはり努力せなね



とりあえう今日は以上ですー



んでお風呂上がったらケースのレイアウトしますかねー




さて明日は

アンプ製作を続けますb



あ、お風呂入ろ
posted by ラセン at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ぺるけ氏式アンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする