2007年08月28日

今日はこれだけ

BigMuffにπを入れ直しましたよ
πつき.JPG
ただ気泡が入りまくりと傾いてるんでまた用紙を買ってやり直しますわ

あと最近悩んでるのが〜
HotCakeもありますが、フレットレスのベースをマジメに作ろうかな〜と思いまして
みょーんな音が欲しい(笑)
posted by ラセン at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | BigMuff-1st | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

ほんとはねー

さぁーてさて
BIGMUFF 1st-Triangle完成しましたんで、一気に書いていきますよ

パーツ.JPG
おおまかな部品ですが、トランジスタとダイオードはオリジナルと同じものは手に入りませんので、MUFFのコピーでおなじみな2N5087と1N914でカバーします
2N5088はNPN型なので2nd用と思っておいてください
コンデンサは前回言った通りセラミックのみで、抵抗はカーボンコンポジションを使用(1個40円て高いなー・・・)
線は20AWGの極太を使いました
左上のToHeart2は詠み直してました(笑)
んで疑問だったスライドですがやっぱり収まりませんでした
なのでボリュームスイッチ決定!

早速取りかかりたいですが、抵抗がゴチャゴチャなので、カラーコード詠んで、うちはこんな風に仕分けます
仕分け.JPG
こうしとくと作業台(マイ机)がさらに汚くならずにすみますからねw
ここからは自分で書いた配線図に乗っ取って組んでいきます
今回もオリジナル同様蛇の目基盤です
蛇の目は回路を間違えないように注意b
んで夕飯前にここまで
飯食いに.JPG
んで1時間後再開してさっさと完成
仕上げた.JPGばりばり.JPG
なんかトランジスタがキレイに並んでおります、厄日か(ェ
右はいらない部分を切り落としたものです

はいここからめんどくなるポットへの配線です
うちは軟銅線を使って、きばんを空中に浮かしておく事にしました
注 間違ってます.JPG
ちなみにこの配線間違ってます(汗)後で話します
あとはジャックなどを配線して
実装内部.JPGシール作ろ−.JPG
これで完成です
とりあえずここで試奏
全然歪みませんorz

泣く泣く分解して調べると、先ほどのポットの配線一つが原因でした
詳しく言うと、左がVolume、右がToneのポットで、なぜかVolumeのグランドがToneにつながってました
ここを恥ずかしながら修正してまた試奏すると成功
あとはGIMPでシール製作してましたが、あのπの文字が出なかったので省略してます
πなし.JPG
えとToneはFUZZに変えてます。どうもスライド式はToneて表記なんですが、ボリュームスイッチのはFUZZと書いてあるようです
貼り方が雑ですが、自分しか使わないしね(^_^*
ちなみにメーカーはおなじみTSUNDELECTRO-HARONIXです(笑)M.W.Cは宮若市のN.Y.C書きねw
これで完成です
なんかいつもより簡単に作れた気がしますがパーツはFUZZの中では多めです


考察
現行品と聞き比べましたが、以前聞いた通りハイが強く感じます。ジャリジャリした感じと言いますか
あとおそらくハイが強いためかToneの効きは現行品のほうが上なようです。
ただしどちらもMUFFらしい似たサウンドであります


というわけでBIG MUFF 1st-Triangle製作

しゅーりょー
posted by ラセン at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | BigMuff-1st | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

ピンチ到来とその措置

タキパからパーツが来るのを待ちながらケースに穴を開けるなどして下ごしらえ
スイッチ入らないよ….JPG
っとこれでだいたい形は原作に近いと思われます
今更ですが資料はiiotoshiteruzeさんと、海外サイトでPisotonesというサイトのココを参考にしました

ここから電池用のスライドスイッチの穴を作りたいのですが

どーも暗雲が

スイッチが入らない気がする(^_^;)
ケースが小さいのでムリかな?
ということでタキパに注文したのがパーorz
でもですね、じつはスライドの代わりにボリュームスイッチのものが実在するそうなんです
ならば
最終兵器.JPG
買ってきました〜w
これで解決?かな
でもスライド使うよりこっちの方がスッキリシテイイカモ
さーあとはパーツを待つのみなので、また基盤図を見直したいと思います
あとシールも作らないとな〜
posted by ラセン at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | BigMuff-1st | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする